ページの先頭です

毎日気になる頭痛 (30代男性 会社員 中村区)

30代の男性が頭痛を気にして来院されました。

この頭痛は3年程前から気になるようになり、毎日市販の頭痛薬を飲まないと治まらない状態です。脳神経外科でCTを撮ってもらったのですが、特に異常はないと言われました。ここ2週間は特に頭痛がひどく、仕事に集中できない程です。数か月前からデスクワークが増え、仕事にストレスを感じています。運動はフットサルを月に2回程度やります。その他特に自分で体のケアはしません。

初回の状態

背が高いためか、かなり背中を丸めて座っている
右頚部筋に硬結(かたまり)があり、押すと痛みが強くなる
上部頸椎の可動域に制限があり、特に頸椎一番の動きが悪い
首の前の筋肉の張りが強く、押すと痛い
顎が前に突き出た姿勢が常になっている

カイロプラクティックケア

背中を丸め、顎が突き出た状態で仕事をしているために、上部頸椎や胸椎の動きが制限されている状態が続き、首や背中を安定させている筋肉に悪影響が出た結果、頭痛を引き起こしていたと考え、上部頸椎と胸椎の動きの改善を中心に、全体的にいい姿勢が取りやすい状態を体が覚えるように施術をしていきました。右の上部頸椎は特に動きが悪く、筋肉も硬くなっていたため、積極的に矯正を行い、動きの改善と硬結の消失を目指しました。

週一回のペースで5回施術を続けた後、毎日感じていた頭痛は週1~2回出る程度になり、痛みも3割程度になりました。その後2週~3週に一回のペースで施術を続け、その間頭痛が出る時もあれば出ないときもあり、頭痛の頻度や痛みの度合いはかなり改善されてきました。最初の来院から一年くらい経ちますが、現在では月1回程度のメンテナンスで施術を続け、薬を飲むほどの頭痛は出なくなりました。

ホームケアとして仕事中の姿勢を気を付ける、顎を引くエクササイズ、首のストレッチ、肩甲骨のストレッチなどをやってもらい、首や肩甲骨周りの負担を軽くし、いい状態が続くようにしてもらっています。

担当コメント

この方の場合、背が高いのでどうしても背中が丸くなりがちだったと思いますが、そこを気にしてもらわないと首の負担が減りませんので姿勢はかなり気を付けるように言わせてもらいました。右の首の筋肉を押したときの痛みもなかなか減らなかったのですが、頭痛が減って痛みの程度も減少してきたころから筋肉の硬さも変わってきたと思います。どうしても同じ姿勢で長時間デスクワークをされると同じ部位に負担がかかるのですが、姿勢が悪いとなおさらです。首や肩の筋肉は頭痛や肩こりの直接の原因になりますので、そこを意識するだけでもだいぶ症状は軽くなると思います。

頭痛が軽減するまで多少時間がかかりましたが、慢性的な症状を長く感じられていた方ほどいい状態になるまで時間が必要ということだと思います。頭痛も原因が様々ですが、医療機関で特に異常がないと言われた場合、大半は首を支えている関節や筋肉への負荷が原因になっていると思います。(もちろん周期的に来る女性の片頭痛などは違いますが・・・)

同じように慢性的な頭痛でお悩みの方は参考にしてみてください! たかが姿勢、されど姿勢です!

カテゴリー:症例紹介, 頭痛

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ