ページの先頭です

靴を履きかえようとしてぎっくり腰 腰痛 30代男性建設業 名古屋市昭和区

30代後半男性昭和区の方が、ぎっくり腰(腰痛)で来院されました。

朝会社につき、上履きに履き替えようとした時に発症してしまいました。ぎっくり腰(腰痛)は過去何回か経験されています。前回痛くなった時は当院に来院されましたが、その時お教えしたストレッチやエクササイズは最近サボり気味でした。その前は違うカイロに通っていました。今回は右腰が痛くなり、かがんだり、靴を脱ぐにもかなりの痛みが伴います。歩くスピードも痛みのために遅く、仕事にならないので会社を早退してご来院されました。

初回の状態

・左の肩がかなり上がっている姿勢をしている。

・腰の可動域は、前かがみと反らす動作で痛みのためにかなり制限がみられる。

・右側屈も痛みが強いが、左側屈は痛みを伴わない。

・臀部~大腿後面にかけての筋肉の緊張が高い。

・施術時の体位変換がかなりきつい。

・おそるおそる歩いている。

ゆっくりうつ伏せで寝てもらい、施術開始。着替えもつらかったため、そのままの服装で行う。寝るまでは痛みのため時間がかかったが、その体勢での痛みはさほど強くなかったため、痛みの出方を見ながら臀部、腰部、大腿後面の筋肉を中心に緩和操作を行う。

腰に痛みが出ないように股関節周囲の筋肉を緩和し、股関節の可動域を確保。この時点で腰の痛みは減ってきた様子。右の腰部の筋肉の緊張が強く、右の骨盤の動きが制限されていたため、その部位の矯正を行う。痛みは特になし。

その後首の制限を取り、腰を多少けん引するために首のストレッチを行ったが、この時点で腰の痛みは多少感じる程度。最後に仰向けで、股関節の可動域を改善させるアプローチを行ったが、腰に痛みはほとんど感じなかった。

施術後の腰の可動域確認で、施術前に痛みが強かった前かがみや反らす動作はかなり改善、痛みのレベルも大幅に減少。右の側屈も楽に行えるようになった。歩き方も、多少気にしている様子だったが、来られた時の腰痛歩行は改善。

この方は、以前一度同じようなぎっくり腰で来院されたが、その時も2回の施術で痛みがほとんど気にならなくなり、その後様子を見られることになりました。

その時お教えしたストレッチやエクササイズはやっていたとのことですが、最近は回数や頻度がかなり減っていたとのこと。今回のぎっくり腰(腰痛)の原因は、会社について靴を履き替えるときの不意の動作が直接の原因ですが、それまでの腰への日常的な負担や、最近の寒さのための筋肉の緊張が関係していると思います。

施術をすることで、ぎっくり腰(腰痛)は早期の改善が可能ですが、腰をいい状態に保つためのメンテナンスもぎっくり腰(腰痛)を繰り返さないために必要になってきます。

今後は痛くなってから来られるのもいいのですが、痛くならないようにケアをしていくこともお勧めします。エクササイズ続けてくださいね!

カテゴリー:ぎっくり腰, 症例紹介

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ