ページの先頭です

背中の痛み 背部痛 腰痛

29歳女性 図書館司書 K.Sさん

29歳女性が背中の痛みと腰痛で来院。背中は以前から気になっていたが、ここ最近痛みが強くなってきた。座っている姿勢が悪いとは思っているがついつい丸くなってしまう。腰は朝起きると痛いのが続いている。疲れているので酸素カプセルも試してみたい。

初回の状態

・仕事中の座位姿勢でかなり胸椎が後湾し、背中や腰に負担をかけている

・立位では腰椎の前湾が強く、腰が反っている

・腰部の伸展の可動域は正常以上あり、屈曲は腰部と大腿、下腿の後面にかなりの張り

・胸筋の張りが強く、押圧でかなりの痛み

・肩甲骨の可動域が減少

・臀筋のはりも強く、腰仙部や仙腸関節部位に押圧で痛み

胸椎の後湾が強く、その部位のP→Aの可動域が減少しているため、胸椎の可動域を改善させるアプローチを行う。腰椎は立位では前湾が強く、座位では後湾が強くなっているため、腰仙部や骨盤の前後を安定させている組織への負担が強く、それが寝起きの腰痛につながっていると考え、骨盤の関節の矯正と腰部の歪みを改善し、腰部への負担を減らすようにアプローチ。肩甲骨の可動域も胸椎や胸郭全体の可動域の制限により見られたため、肩甲骨への施術も行った。2回の施術で背中の痛みは7割減少、仕事中の姿勢も背中が丸くならないように気をつけている。寝起きの腰痛は軽減はしたものの多少残っていたため、立位の姿勢を確認。後方荷重で立つくせがあったため、体の重力線を意識してもらい、重心を足の真ん中に移して立つようにアドバイス。これにより立位時の腰への負担の軽減を図った。現在は背中の痛みはなくなり、姿勢の確認と体のメンテナンスで2週に一度のペースで来院中。

この方の場合、背中の硬さと姿勢の悪さが気になりました。座っているときにかなり骨盤を後傾させていたため、背中が丸くなり、肩が内側に入っている姿勢が長年続いていた為、背中が痛くなり、肩甲骨の動きが悪くなっていたのだと思います。このような場合、背中に負担がかからないように姿勢を改善させることが重要となります。腰痛は、腰の伸展(反る)の動きは正常以上にあったのですが、座っている時や立っている時の腰の負担が多く、寝ていても疲れが取れない状態にあったのだと思います。特に右の骨盤の関節が硬い状態が続いていたので、足をくんだりするくせも気をつけてもらい、骨盤や腰にいいくせをつけていくことで腰痛は改善していくと思います。運動をあまりされないとのことなので、歩いたりエクササイズをすることで、体の機能は全体的に改善していくと思います。酸素カプセルも疲れているときには効果的なので、またいつでもご利用くださいね!これからもできるケアはさせて頂きます。

カテゴリー:症例紹介, 背中の痛み

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ