ページの先頭です

左手のしびれ 背中の痛み(30代後半男性)

30代後半男性(自動車製造業)の方が左手のしびれ背中の痛みで来院。整体、カイロプラクティックは初めて。左手のしびれは1ヵ月前~、背中(左)の痛みは5年位前~気になっている。背中はコリが酷くて重たい感じ。左手のしびれは今までなかったのでかなり気になる。

初回の状態

・座っている時の背中がかなり丸まっている(昔から)

・首の可動域検査で、伸展~左側屈の間で左手のしびれが悪化する

・左肩甲骨内側~下部にかけての胸部起立筋の張りが強い

・左前腕の筋肉の張りも強い

胸椎の後弯が強く、頚部~胸部の移行部の関節の動きに制限が見られたため、矯正を行う。背骨を支えている起立筋(特に左)の張りも強く、胸椎全体の動きも制限されていたため、胸椎、胸郭の関節を中心に矯正を行う。これらはいつも背中を丸くしている姿勢が多いため、関節の動きにクセがついてしまったと考えられる。左の起立筋の張っている部分には緩和操作を行う。慢性的な症状となっているため、状態の改善には時間がかかると思われる。初回の来院から1週間間隔で5回施術を続け、5回目の来院時には左手のしびれはほぼなくなった。頚部伸展でしびれが増悪していたが、それも見られず。背中の張りは、姿勢を気をつけ、ストレッチを続けているが、疲れると気になる。定期的な施術とチェックで良い状態へと導いていきたい。

担当コメント

この方の場合、かなり背中を丸くして座られていたので、首と背中の移行部の関節に負担がかかり、それがしびれの原因になっていたと思います。頚部ヘルニアで来られる方も多いのですが、この方の場合、首を反らすときにしびれの悪化が見られました。一般的にヘルニアの方は首を前に倒すときに悪化が見られます。この方は、後ろで症状が強くなっていましたので、椎間板の厚みの減少等も年齢的にあると思いますが、それを含む関節構造の変性や変形が関係していたのだと思います。一度変形や変性が起きればその部分は元には戻りませんが、施術はその部位を中心に行い(可能であれば)その部位への負担軽減を行っていきます。頚下部は普通に生活していても負担が一番かかる部位になりますので、加えて姿勢による負担が増えれば、その部位の変性、変形は早く起こってしまいます。なので、その部位に負担をかけないような良い姿勢が大切になります。考え方は色々だと思いますが、このような症状はある意味「生活習慣病」と言ってもいいと思います。首に関しては良い状態が保てるようになりましたので、それが続けられるように頑張ってください。背中に関しても姿勢の影響はかなりありますので、状態が良くなるようにやっていきましょう!

カテゴリー:症例紹介, 背中の痛み, 腕や手のしびれ だるさ

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ