ページの先頭です

頚椎ヘルニア 首の痛み 腕、指のしびれ (50代男性)

50代男性会社員の方が、首の痛み、肩、背中、腕の痛み、指のしびれを訴え来院。症状は左側。半年前に整形で首のヘルニアと診断され、その後首のけん引に通うが、症状に変化なし。以前も同じようなしびれや痛みが気になっていたことがあったが、半年ほどで気にならなくなった。今回は症状の軽減が見られないので困っていたところ、当院の患者さんに紹介されたとのことでご来院。

初回の状態

・背中をかなり丸めて座られていたので、頚椎下部への負担が大きい

・頚部可動域は、伸展から左側屈の間が痛みのためかなり制限、前の動きでの痛みはなし

・頚部伸展で、左肩甲骨領域に痛みを感じ、指はしびれる

・うつ伏せで寝ると、首が多少伸展されるため、腕や指へのしびれが出る

・小胸筋や斜角筋の押圧でも指へのしびれが再現される

・肩や首、背中も常に張っている感じがする

頚部に可動制限が見られ、伸展の動きで痛みやしびれが誘発されることから、その部位の状態改善、可動域改善を目的に施術を行う。うつ伏せで症状が出るため、テーブルの頭の位置を下げ、頚胸部への負担を減らして行った。頚部~背部、肩甲骨周囲の筋肉も、かなり硬さが見られたが、押圧で症状が強くなるため、瞬間的に行う矯正を無理のない範囲で行う。胸筋や頚部前面の筋肉にも緩和操作を行った。同じようなアプローチを継続的に行い、3回の施術で、指のしびれはまだ気になるものの、肩や背中、腕の痛みはかなり楽になる。その後も施術を続け、4回目の施術後には、指のしびれも普段は1~2割程度に軽減。姿勢も仕事中にかなり気をつけられているとのことで、首への負担が減ってきている。小胸筋領域の押圧でしびれがまだ強くなるため、現在は頚部~胸部を中心としたカイロケアと、小胸筋領域の緩和操作を中心に2週に一度の施術を継続中。

担当コメント

この方の場合、整形で頚椎ヘルニアと診断されていましたが、頚部屈曲での症状誘発はなく、伸展で痛みやしびれが強く出ていたことから、症状の原因が、関節構造全体の変性や変形によるものと思われます。頚椎は7つあり、それぞれが上下の骨との間に関節を作っているのですが、通常頚椎の5番6番の間の関節は、頭を支えている構造的な関係上一番負担がかかりやすい部位となります(姿勢や動作により個人差はあります)。この方の場合、座っている姿勢でかなり背中を丸くしていた為、頚椎下部~胸椎上部(移行部)の負担が増え、関節の変性や変形が進み、筋肉も同じような姿勢が続くために慢性的に疲れてしまい、痛みやしびれの原因になってしまったのだと思います。ヘルニアやしびれの症状が強く出ている方は、通常改善がみられるまでにもっと時間がかかるのですが、この方の場合、こちらでお教えした頚部を中心としたエクササイズをしっかりやって頂いていたことや、ご自分で症状の原因を理解され、姿勢にかなり気を使って頂いたことが早期改善につながったと思います。 症状や原因により個人差は出ると思いますが、整形でヘルニアと診断され、けん引や電気治療、マッサージ等では改善が見られないケースでもカイロプラクティックで症状が改善する場合はたくさんあります。同じような症状でお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

カテゴリー:症例紹介, 肩の痛み, 背中の痛み, 腕や手のしびれ だるさ, 首の痛み 寝違え

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ