ページの先頭です

椎間板ヘルニアによる腰・臀部の痛み

30代男性が、1ヶ月前から右の臀部や腰部、下腿外側にかけての痛みやしびれが気になり来院。医療機関で椎間板ヘルニアと診断。3年前に同じような症状が発症し、その時もヘルニアと診断され、コルセットを3ヶ月程着用していたらよくなった。今回は特に思い当たる原因はない。仕事はウェブ関係で、出張もあるが普段はデスクワークで長時間座っている。痛みは仕事中も気になるが、特に朝の寝起きが一番つらく、臀部から大腿外側~後面にかけてジンジンとした痛みを感じる。

初回の検査で、腰部の可動域の低下(特に伸展)、右股関節周囲筋の筋力低下、SLRで右臀部への痛み&しびれの放散を確認。仕事中の姿勢もかなり骨盤を後傾させているため下部腰椎の椎間板に負担が増加している。

治療は腰部の可動域を改善させ、腰部への負担を軽減させていくことと、座る時の骨盤を後傾させるクセを改善してもらうようにアドバイスを行ない、骨盤が前傾しやすくなるようにエクササイズを奨励。痛みの他に右の股関節周囲筋の筋力の戻り具合も改善具合の目安とした。

初回の治療ではほとんど痛みやしびれ、気になる度合いに変化は見られなかったとのことだが、2回目の来院時のSLRでは痛み・しびれはほとんどなし。右下腿後面の筋力に弱化が見られたため、右腰部の筋肉と関節を中心に治療を行ない、引き続き腰部の可動域の改善を行なう。

3回目の来院時の確認で、症状が全くなくなったわけではないが、気にならない時もあるとのこと。寝ている時に冷えるとしびれが次の日に残る。

その後週一回のペースで治療を続け、5回の施術で痛みやしびれの度合いは3割程度に軽減。腰部の屈曲や腰部牽引で多少右臀部にしびれを感じるものの、以前ほど強いしびれではない。股関節周囲の筋力も左右差がほとんどなくなってきた。

コメント
この方の場合、長時間の座り姿勢と、骨盤の後傾により腰(椎間板)に負担がかなりかかっていたこととが原因だったと思います。腰部の伸展(反る動き)がかなり失われていたので、その動きが改善するように関節を中心に治療を行ない、座っている時や寝る前、朝起きた時などに腰のエクササイズをやってもらいました。 椎間板が原因の場合、軽度~中程度の場合はカイロプラクティックで症状の改善が期待できますが、重度の場合はまず医療機関で診察を受けることをお薦めします。この方の場合は症状も片側で、しびれの度合いもそれほど強くなかったことから比較的早い期間で改善が見られたのだと思います。同じように座っている時間が長い方や、腰が最近気になるという方、医療機関で椎間板ヘルニアと言われた方は是非参考にしてみてください。

カテゴリー:坐骨神経痛 椎間板ヘルニア

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ