ページの先頭です

腰痛 腰の張り デスクワーク

30代男性 会社員 S.Kさん

30代後半男性の方が腰の痛みで来院。腰痛はここ数年よくなったり悪くなったりを繰り返している。最近2ヶ月はかなり痛みが強く続いているので気になっている。ぎっくり腰も何回か経験。このままだとぎっくり腰になりそうな予感。姿勢は悪いことを自覚している。以前見えていた患者さんの紹介。

初回の状態

・かなり骨盤が後傾し、背中を丸くして座っている

・腰の筋肉がかなり硬く、腰部に側弯がある

・腰部伸展の可動域がかなり減少、反ると強い痛みを感じる

・腰の前面の筋肉の伸張性が減少、押圧で痛みを感じる

・股関節の可動域も減少

座り仕事の時間が長く、常に腰下部~腰仙部、仙骨に負担をかけている状態で座っていたので骨盤の関節や腰仙部の関節の動きが制限され、関節を安定させている靭帯や筋肉などの組織に長期間負担がかかっていたのが痛みの原因だと考え、腰部、腰仙部、骨盤の関節を中心に施術を行い、可動域の改善と、座り方の改善、腰部の筋肉の状態の改善を図った。かなり腰部の筋肉の伸張性が失われていたため、側臥位での施術が最初はきつかったが、骨盤や腰部の矯正後は腰がかなり軽くなったとのこと。一回目の施術で痛みは半分以下、腰の重さや張り感もかなり軽減。その後週末を中心に施術を続け、5~6回の施術で腰部、骨盤の可動域は回復、姿勢も座っている時はかなり気をつけている。腰部のエクササイズも続けている。痛みは全く感じなくなった。

担当コメント
この方の場合、かなり骨盤を後傾させて座るのがクセになっていたため、腰仙部や骨盤、仙骨への負担が原因で痛みを感じていたのだと思います。例えば硬いフロアや床に長時間お尻をつけて座っているだけで、骨盤の関節に負担がかかり、関節がロッキングされたり、ひどい時には関節の捻挫を起こしてしまうことがあります。この方の場合、痛みが数か月続いていたので状態としてはあまり良くなかったのですが、関節の捻挫ではなく、可動制限やそれによる周りの組織への影響が痛みと関係していたのだと思います。原因は、骨盤を後傾させて座っている姿勢なので、長期的にはその姿勢を改善させること、短期的には骨盤の関節の可動性を改善させることを目標に施術を行いました。腰部の側弯は、左右に偏った座り方をしていたのが原因だと思うのですが、足をなるべく組まないようにして、どちらに荷重しているかを意識してもらうことで改善できると思います。この方の場合、エクササイズは腰部の伸展です。

カテゴリー:腰痛

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ