ページの先頭です

首の痛み 頚椎ヘルニア ストレートネック

30代女性 会社員 H.Kさん

30代女性の方が首の痛みで来院。痛みは数か月前から続き、ひどい時は両手にしびれを感じていた。しびれは今ではほとんどないが、首の痛みが残っている。特にケガをした覚えはないが、寝るときにうつ伏せが多く、首が痛くなって起きる時がある。首を後ろに倒すと痛い。普段は仕事でPC作業が多く、顔が下向きになっていることが多い。医療機関では頚椎ヘルニアと言われた。

初回の状態

・頚部の前弯がすくなくストレートネック

・頚部伸展で左肩甲骨領域に痛み、頚部左側屈+伸展で左上肢に軽いしびれ

・頚部屈曲は症状の再現なし、可動域は多少減少

・座った姿勢で骨盤が後傾

・頚胸移行部に押圧で痛み、その部位がいつもつらくなる

この方の場合、医療機関で頚椎ヘルニアと診断されているが、椎間板に負荷をかけても症状の再発が見られなかったことから伸展時での頚部椎間関節の動きの改善と、ストレートネックによる頚椎下部~胸椎上部の動きの改善&姿勢によるその部位への負担を減少させるように施術&アドバイスを行った。 初回の施術で頚部~頚胸移行部を中心に矯正を行い、気になっていた首の痛みは半分以下に、また頚部の伸展可動域も改善が見られた。その後同じ部位への施術+姿勢のアドバイス、頚胸移行部の負担を軽減させるエクササイズをしてもらい、5回目目の施術で首の痛みはほとんど気にならなくなった。

担当コメント
この方の場合、ストレートネックによる頚胸移行部への負担+仕事での頚部前傾姿勢、うつ伏せで寝ることによる頚椎下部~胸椎上部への負担が重なって症状を出していたのだと思います。椎間板への負担も当然考えられるのですが、状態をチェックした時に一般的な頚椎ヘルニアによる痛みの出方とは違ったため、頚胸移行部の椎間関節の動きを改善するための矯正を行っていきました。通常、原因がヘルニアの場合、数回の施術で劇的な変化が見られるのはまれなケースだと思うのですが、この方の場合一回の施術で症状が半分以下になったことから椎間関節への負担が原因だった可能性が高いと思います。現在では頚部の前傾姿勢を気を付ける(骨盤の後傾にも気を付ける)、頚胸移行部のエクササイズの継続、寝るときはなるべくうつ伏せで寝ないということを気を付けてもらっているのですが、以前のような首の痛みはほとんどなく、仕事が忙しい時に首や肩の凝りが気になる程度とのことです。

カテゴリー:首の痛み 寝違え

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ