ページの先頭です

妊婦さんの腰痛 恥骨の痛み

30代女性 主婦 R.Sさん

30代女性妊婦さんが腰痛と恥骨の痛みで来院。妊娠7ヶ月。お腹もだいぶ大きくなってきて腰がつらくなってきた。腰は妊娠前から気になっていたが、今回とは痛みの質や場所が違う。数日前から恥骨にも痛みを感じるようになった。歩くと痛い。座っていると楽。痛みをなんとかして欲しい。子供は一人目。

初回の状態

・骨盤の関節(特に右の仙腸関節)に痛み

・右の臀筋に張りと押圧で痛み

・恥骨の内転筋付着部に痛みと内転筋の筋力低下

・腰仙部にも痛み、伸展の動作で嫌な感じ

妊娠7ヶ月の妊婦さんということで、体重の増加+お腹が大きくなり、腰や骨盤、股関節にかかる力学的な負荷の増加&変化から腰仙部や骨盤の関節、恥骨の痛みを引き起こしていると考えそれらへの負担を軽減させる目的で施術を行った。お腹に負担のかからないようにうつ伏せで寝てもらい、腰仙部を軽めに牽引。痛みのある臀部は筋肉を痛くないように緩めるアプローチを行う。骨盤の関節(仙腸関節)は、妊娠時に分泌されるホルモンの影響で動きやすくなるが、この方の場合は右の関節の動きが低下していたため動きを改善させるアプローチを行い、恥骨の痛みは恥骨結合のへのアプローチではなく、内転筋の緩和操作で痛みの変化を観察。押圧で痛みは残ったものの、施術後には恥骨の痛みは半減、腰の伸展時の痛みも軽減し、臀筋の痛みも残ったものの施術前より気にならなくなった。骨盤や腰仙部、内転筋を中心としたアプローチをその後続けているが、初回の施術で歩くときの恥骨の痛みもほとんど気にならなくなり、普段感じる腰の張りや痛みも前ほどではない。

担当コメント
妊婦さんの場合は妊娠後期になると腰部や骨盤、股関節の負担は体重の増加や骨盤、腹腔が内側から圧迫されることにより増えてしまいます。赤ちゃんのお腹の位置によっても痛みが出たりしてしまいます。内側から圧迫されることにより循環や神経が影響を受け、足のしびれを感じたり、足がむくんだりします。また代謝も生体力学的、生理学的に影響を受け、寝ていて足がつったり手の指がしびれたりします。この方の場合、腰椎と骨盤の間の関節部分への負担が大きかったのと、歩くときにかかる内転筋への負担や、恥骨への負担が大きかったために痛みを感じていたのだと思います。妊婦さんの施術の場合、一番気をつけなくてはいけないのはお腹への負担をなくすことですが、お腹の部分が下に下がるカイロ専用ベッドはうつ伏せの施術が可能です。またこの先出産に向けてお腹がもっと大きくなることでの力学的な負担の増加や、代謝の変化、ホルモン分泌の影響などで腰や恥骨、股関節などへの負担やその他の症状などもでやすくなるのですが、妊婦さんへのカイロプラクティックケアは定期的に行うことで体への負担を減らし、通常の生活ができるレベルを保つことができると思います。(個人差はあると思いますが) 妊娠中の腰痛や恥骨の痛み、股関節痛、足がつる、張る、痛いなどでお困りの方はお気軽にご相談ください。妊娠中にケアをすることで、良い骨盤の状態を保つことができ、出産~産後のケアも楽になると思います!

カテゴリー:骨盤矯正・産前産後ケア・マタニティ整体

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ