ページの先頭です

肋骨の痛み 肋間神経痛

30代女性 主婦 N.Oさん

30代女性の方が肋骨の痛みで来院。以前肋骨を痛めて(骨折)再発したのか心配になった。今回は特にケガや思い当たる節はない。以前は風邪の際の咳で痛めた。痛みは一週間続いている。右の肋骨が痛いが左はなんともない。骨折の場合は医療機関の受診を考えている。

初回の状態

・息を大きく吸い込むと痛みを感じる

・しびれるような感じはなく、右の肋骨側面を押すと痛い

・前鋸筋の筋力検査で低下と痛み

・腕をあげて伸ばすと痛い

・肋骨自体に痛みは感じない

肋骨骨折の可能性も入れて検査を行ったが、骨に問題はなさそうで、痛みの出方や痛みの範囲(局所的)から肋間神経痛の可能性も低かった。肘を伸ばして行う前鋸筋の筋力検査や、その部分の押圧で痛みの再現が確認されたため、前鋸筋の緊張を和らげるアプローチと肋骨や肩甲骨のモビリゼーション、肋骨と関係する背骨の矯正を中心に施術を行った。緩和操作で圧を加えると痛みが強かったため、圧の強さを調節し、呼吸に合わせて押圧。筋肉の硬結を取り、施術後に痛みを確認したところ努力呼吸を行ってもほとんど痛みはなくなった。最初の施術から数日後に来院してもらい痛みを確認したが、痛みは感じなくなっていた。前鋸筋や肋間筋のストレッチをしてもらい、なるべく洗濯物を干すときの腕を伸ばして拳上する動作は控えてもらった。現在は体全体のメンテナンスで間隔を空けて来院中。

担当コメント
この方の場合、赤ちゃんを背中に負ぶって洗濯物を干す動作の際に、腕を伸ばして行っていたため前鋸筋にかなりの負担をかけていたのだと思います。体も細い方で肋骨骨折の可能性もあったのですが、骨には異常なかったみたいです。通常あまりご自身でケアされない筋肉(肩甲骨の外側内縁~肋骨に付着)なので押すと痛い方が非常に多いのですが、洗濯物を干す体勢により通常よりも負担が増えていたと考えられます。このような場所が痛くなると、骨折なのか肋間神経痛なのか筋肉や軟部組織の問題なのかわかりにくい部分もありますが、痛くなった時の動作や以前肋骨を折られた時の痛みとの比較、痛みの範囲や質により問題がなんであるのかは見当はつくと思います。この方の場合は筋肉の問題が大きかったので比較的早く改善が見られました。これからもストレッチを続けてよい状態を保つようにしてください!

カテゴリー:肋骨の痛み

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ