ページの先頭です

腰痛 骨盤の痛み ギックリ腰 ぎっくり

30代男性 マッサージ店勤務 T.Kさん

腰痛で30代男性マッサージ店勤務の方が来院。仕事は中腰が多く、いつも腰は張っている感じ。自分でストレッチ等はやっているがなかなかすっきりしない。いつも硬い床に座ることが多い。今回は朝起きたら腰が痛くて起きれなくなった。今まで同じように何回か痛くなった。痛みが強いので仕事を休んで来院。歩くのもつらい。

初回の状態

・右骨盤の痛みが強く、普通に歩けない

・座っていても立っていても右の骨盤に痛みを感じる

・股関節にも痛みがあり、押すと痛い

・痛みのために左への逃避姿勢をとっている

・左右殿筋の張りが強い

腰の張りも強いが、右の仙腸関節の痛みが一番強い。殿筋の張りも強いため、骨盤(仙腸関節)、股関節、腰部を中心に痛みの軽減と筋肉の緩和、関節可動域の改善を目的に施術を行う。骨盤のアイシングを行い、痛みを軽減、殿筋や腰背部筋の緩和操作を行い腰椎、股関節の可動域を少しずつ改善。右の仙腸関節は炎症を起こしている可能性があったのでその時は矯正を行わず、腰部の矯正、股関節のモビリゼーション(可動域改善操作)を行い、一回目の施術終了。腰部の張りや殿筋の張りは軽減し、左への逃避姿勢も改善したが、右骨盤の痛みは多少楽になったくらい。その後間隔を空けず3日間施術を行い、右仙腸関節の痛みは2割程度に軽減。仕事は一度目の施術後に復帰している。現在は腰部のもともとの関節可動域の制限を改善させる目的で施術を2週ペースで続けているが、最初の右骨盤の痛みは感じていない。仕事時の腰の張りも以前よりは感じなくなっている。

担当コメント
この方の場合、仕事での負担が腰部や骨盤にかかっていたのですが、加えて硬いフロアに座ることで骨盤にかなりの負担をかけていたのも痛みの原因だったと思います。硬いフロアに直接すわることで仙骨や仙腸関節にはかなりの負担がかかります。痛みの出方も、動作中に軟部組織を痛めた時のように瞬時に痛みを感じるのではなく、今回のケースのように半日後などに痛みがでるケースもあります。そのため原因が特定できないことが多いのですが、硬い床などに長時間すわる生活をされている方は要注意です! 痛みの出方も個人差があると思いますが、今回のようにかなり強い痛みを感じることもあります。一度痛めると、その部分をかばうために反対側の骨盤が痛くなったり、殿筋が張ったり股関節に痛みを感じたりと、収まりがつくまで数日~数週間かかることもあります。急性の痛みの場合、痛みを瞬時に軽減させるのは難しくなりますので、普段から骨盤や仙骨に負担をかけすぎない生活をされることが大切です。硬いフロアに直接お尻をつけて座る生活をされている方は、イスの生活に変えることを考えてみてはいかがでしょうか?参考にしてみてください。

名古屋の整体・カイロ・酸素カプセル

カテゴリー:ぎっくり腰

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ