ページの先頭です

ぎっくり腰 腰痛 股関節の痛み(30代女性)

30代女性公務員の方が、腰痛とぎっくり腰になるのではないかという不安からご来院。ぎっくり腰はここ数年で4回経験。ひどい時は救急車で運ばれたこともあるし、毎回痛みが治まるまで一カ月以上かかる。腰には常に不安があり、朝顔を洗ったり、前かがみの姿勢にはかなり気を使っている。掃除機もかけないようにしている。時々股関節が痛くなることもある。なんとかしてほしい。

初回の状態

・立位で反り腰気味で、腰仙部に負担がかかりやすい姿勢

・右の骨盤の関節の動きが硬い

・右の腰筋の緊張が強い

・股関節の動きも硬い(特に伸展の動きが制限されている)

・ぎっくり腰になるのではないかという不安が強い

腰仙部に負担がかかりやすい姿勢で、腰部と骨盤の関節(右)が硬く、動きが制限されているために矯正を行い、可動域の改善を行う。腰が反った状態では、腰部の負担が増加するとともに、股関節の前面を支えている筋肉も緊張しやすくなるため、立位や座位での骨盤の位置を指導するとともに、股関節の可動域を改善するためのアプローチを行い、筋緊張を緩和。また、前かがみになるときの腰への負担の減らし方や、日頃行う腰部、骨盤、股関節のエクササイズを指導し、痛みが出にくい状態がクセになるようにアドバイスを行う。この方は、関東の治療院からのご紹介だったが、名古屋に来てからはぎっくり腰は一度もなく、腰の調子も良くなった。仕事が忙しいと腰が疲れることがあるので、定期的なメンテナンスでぎっくり腰や腰痛の予防を行っている。

担当コメント

この方の場合、腰に負担がかかる反り腰姿勢で立たれていた為、腰部~骨盤の動きが固定され、股関節の筋肉も緊張が強くなり、腰や股関節に痛みを感じていたと思います。同じような負担が長期間腰にかかれば、腰の筋肉や、身体を支えている腰の関節や骨盤にストレスがかかり続け、痛みを感じやすくなります。その状態で不意の動きやくしゃみ、外部からの力が加わったりすれば筋肉を痛めたり、関節の捻挫などを起こし、ぎっくり腰(急性腰痛)になってしまいます。ぎっくり腰は、今まで腰はなんともなかった方でもそのような原因で起こる可能性はありますので、注意が必要です。

もう一つの腰痛の要因としては、この方も、硬いフローリングの床に直接お尻(骨盤)をつけて座られていたとのことで、腰仙部~骨盤にかけての負担が増し、関節が固定されることにより痛みを感じやすくなっていたと思います。骨盤は立てて座られるのが一番負担が少なくなりますので、イスに座ることをアドバイスさせて頂きました。今まで背中や腰を丸めて座られていた方にとって、いきなり骨盤や背骨を立てて座るのはきつい!と思いますが、それは、背骨や骨盤が動きに慣れていないので、動きが硬いのと、周りの組織もその姿勢に慣れていないので伸びないからです。無理のない範囲で少しずつクセにして頂ければ、身体はその姿勢に慣れていきますので大丈夫です。腹筋などのインナーマッスルが弱い方は、多少筋力をつける必要があるかもしれませんが、身体にとっては必要なこととなります。

最近では腰の調子は良くなり、以前みたいにぎっくり腰になったらどうしようとか、腰痛になるんではないという不安はなくなり、妊娠もされたということなので、今後は妊娠~産後の腰部、骨盤ケアをしっかりしていきましょう! 初めての出産ということで色々不安はあると思いますが、こちらにできることはさせて頂きますので、今後もエクササイズは続けてやってくださいね! 旦那さんもご紹介して頂きありがとうございました(__)

カテゴリー:ぎっくり腰, 症例紹介, 股関節 太ももの痛み, 腰痛

期間限定!初見料割引キャンペーン‼

お問い合わせ・ご予約ください(当院は完全予約制です)

TEL:052-734-3912 平日10:00~20:00 / 土日10:00~18:00 / 木曜日定休

オンライン予約はこちら

カレンダー
営業時間
平 日 10:00~21:00
土日祝 10:00~19:00
定休日
木曜日
お問い合わせ・ご予約
052-734-3912
住所
名古屋市千種区四谷通り
1-19-1
ディオネ四ツ谷Ⅱ 1B
詳細はこちら
院長
加藤克哉

院長ブログ